白い鏡(マヤ暦)

 

 

 

 

f:id:thermie-sloth:20200725211645j:image

 

今日から白い鏡の13日間が始まります。そのあと青い猿の13日間が続くので、私にとってこの1か月間は、太陽の紋章とウエイブスペルが連続でやってくる、今年の中でちょっと特別な期間になります。ありがたくそのエネルギーを受けながら、ハートを開いて受け取って行こうと思っています。

 

この期間にレイキティーチャーの資格を得ますので、スピリチュアルな生き方と切っても切れないこの二つの紋章を持つ身としては、魂の方向性に沿ってきたのかもしれないと思ったり、、、それでもやはり、そこもあまりこだわらずに、その日、その時の感情、感覚で生きていたいな、と思っています。

 

4年前の自分を思えば、この流れは信じられないです・・・。予想だにしていなかった方向性でした。

 

今、レイキティーチャー講座のテキストを読みながら、レイキ伝授の手順を繰り返し練習しているのですが、動きを伴って実際にやってみると、本当に神聖な儀式だなぁ。。と感じます。こうやって回路が開かれて、伝授を受ける方の全身にレイキが流れていき、手のひらからレイキが溢れ出るんだなぁ・・・と。

 

丸椅子を置いて、伝授を受ける人がいる設定で実際にやっているのですが、そこに誰かが座っていなくても、めっちゃ回路が開いて、レイキが流れていくのがわかるんです。これは何なんですかね・・今は実際に人が座っているわけではないのに💦 やはり、そこに人がいるつもりで、その設定でアチューンメントをしていると、そのようにエネルギーが流れるんですね。意図のパワーってすごいんだな・・と思いました。。

 

・・・自分にそれが感じられた事が、また驚きでもありました。

 

自分がレイキティーチャーになっていいのかどうか・・・と思った理由の一つが、この感度の問題で、私は霊感もありませんし、いわゆる不思議な世界の事はよくわかりません。そういうのがわかる人が、スピをやればいいじゃん!と思っていた時期もあったのですが、レイキに関しては、そこは全く必要ないし、むしろそうじゃない所にキモがある・・・と思うようになったところから、ティーチャーになる事に対して自分にGOサインを出した、というところでした。

 

それが、今回の練習でエネルギーを感じられたので・・素直にそこは嬉しかったです。これも、白い鏡のエネルギーの恩恵かもしれません。