イトオテルミーのご感想

 

初めてイトオテルミーを体験してくださったお客様から、施術後にメッセージをいただきました。

 

お客様のご感想です

 

今日はテルミーの施術、ありがとうございました😊

昼食後、1時間くらいぐっすり眠りました。
寝覚めもスッキリとして本当によい気持ちでした。こんなのは珍しいのです。いつもは、昼寝はほとんどしないか、または、うとうと状態です。

目の奥が軽い感じで気のせいか、目が開いて白目がキレイになっている?
腰の辺りが手を当てるとまだ温かいです。

そして、何より気持ちが軽いです。周りの人に優しくなれるかな?

いやいやイトオテルミーの威力はすごいです。
温泉と同じくらい❓
90分間、温泉には入れません。

直傳霊氣の魅力も捨てがたく、次はどちらにしようか、と迷っています。

 

…………………

テルミーの温もり、癒やし、体中に巡る栄養熱、みなぎる元氣(笑)。体験していただけると、みなさんテルミーが大好きになるんですよー。直傳霊氣とイトオテルミー、メニューが2つあることで、両方やってみたいと思ってくださるお客様がチラホラ…。どちらも氣持ち良くて、どちらも温かく、エネルギーが満ちるのです…🧡

 

イトオテルミーは、家庭健康療法なので自分でもやる事ができますよ。

 

 

こんにちは、新しい私。

 

 

毎度、毎度、思うのですが。

 

私は、宇宙からとても愛されています。

私だけでなく、全ての人が宇宙から愛されているのですが、それに氣づいていない人もたくさんいると思います。けれど、本当に愛されています。

 

ちなみに、私が思う「宇宙」は、ペラペラペラペラしゃべったり、恐怖をあおったりする事は決してなく、ただ無言で「出来事」だけを置いていくのです(笑)

 

一見、ネガティブに思えるような「出来事」です。俯瞰の視点で生きていなければ、「嫌な事や悪い事が自分を責める」ように感じると思います。映画の登場人物として出来事に呑まれ右往左往するのです。

 

通常は中庸で生きていたとしても、大きな出来事があれば流石にヤラレます。ですが、それは本当に短時間で、その出来事を通して「あなたはどうするか?」を問われていると知っており、その短時間を過ぎた後は「私は、どうしたい?私は、何を選ぶ?」の自問自答となります。

 

自分にとっての心地よさを選択し、それを行動によって「宇宙に示す」。ここまでしてようやく宇宙が差し出した「出来事」を超え、新しく生まれ変わった自分との出会いを果たします。

 

ハッピーバースデー!なのです。

 

いつも、いつも、宇宙はただ無言で出来事だけを差し出します。もうちょっと、説明とかあればわかりやすいのですが、無言で「どーん!」と出してくるだけです。そういうやり方に慣れてきました。

 

「あなたは、何を選ぶ?」

「あなたにとっての心地よさとは?」

「あなたはどう生きたいのか?」

 

人生は、「選択」と「決断」の連続です。全ての人が宇宙の無償の愛によって、今よりももっと軽くなるように、今よりももっと自由になるように、今よりももっと純度の高い自分になるように、導かれているのです。

 

説明もしてくれません。

一見ネガティブな出来事です。

無言で「どーん!」です。

 

……どんだけ大さっぱなんだ…( ̄▽ ̄;)💦

 

無言の宇宙は、今日はきっと拍手喝采だと思います。自分でも、よくやったな!と褒めているし、柔らかさと、揺るがない強さを併せ持った新しい自分に出会えました。

 

波風立てずに当たり障りなく……よりも

波風立てても信じる道を歩いていく

 

 

(この素敵な表現はある方からお借りしました笑)

そう。腹で決めると自分の軸がしっかりと定まり、揺るぎません。そして、腹で決める事ができれば、自分のエネルギーで満ち溢れ、不安も恐れも無い状態であるので、信じる道を歩いても、実際のところ波風は立たないと思いました。波風が立ったとしても、それは必要な波であって、出来事を真ん中に置いて関わった人がそれぞれの内側の課題に向き合うだけのことですから、問題ありません。

 

人生は常に

新しい自分との出会いです。

アップデートの連続!!

 

特に、今の時代はそれが加速しています。


f:id:thermie-sloth:20210730181709j:image

呪術廻戦の真人くん……面影が全く無くなっちゃったけど、本当の自分になりました。ハッピーバースデーおめでとう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

直傳靈氣モニターさんのご感想⑦

 

 

 

直傳靈氣のモニターさんのご感想、7人目のお客様です。

 

 

①直傳靈氣はいかがでしたか?(受ける前のイメージや、実際に受けてみての感想など)

 靈氣と聞いて、何かパワーをもらえるのかな!元気になれそう!と思いました。それで、施術前先生に「60分もずっと靈氣を当ててて疲れないんですか」と聞いたんです。答えは

 

「全然疲れたりしないですよ~」


このへんやいろんなところにある氣を先生がパイプ役になって送ってるだけだから疲れたりはしないとのことで、ちょっとびっくりしました。

 

 

②施術時間について

60分は長い ・ もっと長くてもよい ・ ちょうど良かった

あっという間の60分でした。時間的には、ちょうどよかったです。うつ伏せはあまり得意ではないのですが、胸のところに枕を置いてくれ、とても楽に施術してもらえました。

 

 ③3回を経て、身体・精神面など、何か変化を感じられた場合は教えてください。

先生の手は温かく、頭に置いていても、私の手がポカポカしてきます。初めて受けた時一番ビックリしたのは、先生が手を置いたところが温かくなった後、手を離して次の場所に行ってもまだその手の感触が残っていて、うつ伏せになっている私は「えっ!あれっ?あれっ?今どうなってんの( -_・)?」(手はまだここにあるのに先生の足音がして動いてるってどういうこと?)という理解できない状態になったことです。
でも、先生も直傳靈氣を学んでいる時に体験したと聞いて、やっぱりそんなことあるんだ~と不思議な気持ちになりました。

 

2回目3回目は、左鼠径部が先生の手にビンビンきたようで、施術を受けながら「なぜだろう?」と話してたんですが、私は体のいろんなところの左側が悪くて…そんなことも関係しているようでした。

 

帰宅後、おそるおそる痛くて上げられなかった左手を上げるみると痛みが軽くなっていて、いつもよりまっすぐに手を上げられました。

 

後、施術はいつも午前中だったんですが、3回とも帰宅後スッゴク眠気がきて、日頃はしないお昼寝をしました。

 

私の悪いところは、長い経緯があるので、すぐにはよくならないかもしれませんが、同じように長い時間をかけて薄紙を剥がすように良くなっていくのかなと思いました。

 

 ④今後も直傳靈氣を受けてみたいと思われましたか?あるいは、ご自身が直傳靈氣をやってみたいと思われますか?

今後もメンテナンスに時々してもらいたいと思っていたのですが、3回目にイトオテルミーの話を聞いて、少し顔や頭にしてもらったんです。とても気持ちがよくて、そちらに興味が沸いてきました。先生に教えていただいたら自分でもできると言われ、挑戦してみたい気持ちです。

 

⑤施術者への感想、ご要望など。 

施術が終わってからのお茶の時間も、楽しい一時でした。先生は、自然体であり、しかも信念があり、そして前向きであると感じました。話していて、とてもリラックスでき癒しの時間になりました。
ありがとうございました。

 

 ・・・・・・・・

 

ご感想をいただき、ありがとうございます!

しばらく手を置いていた場所から、移動して他の場所に手を置いても、前に手を置いていた部位に温かさが残っており、四本の手で施術を受けているような……?そんな不思議な感覚を持たれたことを、こちらのお客様から初めて教えていただいたのでした。

 

私が直傳靈氣セミナーを受けた時は、一人の患者に対して、3人くらいが同時に手を置いて施術の練習をしました。その時は、6本の手が私の身体に当てられている状態でしたが、「どこに手をあてられているのか、わからない……」という体感でした。どこもかしこも温かく、全身にエネルギーが巡るような感じです。短時間でガッ!!と入る感じですね。

 

しかし、療術所には術者は私しかいないので、一人で施術していたらセミナーの時のようにはいかないのだろうな、、、と思っていました。実際に直傳靈氣の林忠次郎先生の療術所では、一人の患者さんに対して2人が手をあてていたそうです。

 

ですが、一人しかいなくても「二人に手をあてられている感覚である」と教えていただき、その時、本当に嬉しく思ったのを覚えています。ああ、これで一人でもやっていける!!と思ったのでした。

 

眠気がきて、いつもはしないお昼寝をしたことも、身体が欲したのだなと思うと、本当に身体って素晴らしいし、靈氣が身体の自然治癒力という本能を後押し、底上げしているんだろうな、と感じます。

 

人によって、左側だけに症状が出る方とか、右側だけが、、とか特徴があるようにも感じています。そして、鼠径部と手は連動しているみたいなので、手が痛いとか、腕が上がらないという方は、鼠径部に強い反応が出るので、そこに手を長く当てる事はとっても効果的なんだなーと、お客様の体感から教えて頂けたこともありがたかったです。

 

イトオテルミーも、本当に氣持ちよく、ラクになるので是非いつか体験してみてください!!

 

「先生は、自然体であり、しかも信念があり、そして前向きであると感じました。」とのお言葉、う…う……嬉しいです……(≧▽≦)♡励みになりました。

 

素敵なご感想を、ありがとうございました!

 

Slothの森療術所より

 

 

 

直傳靈氣モニターさんのご感想⑥

 

 直傳靈氣モニターさんのご感想、第六回目です。

三回コースを終えられるお客様が続いています。。。(∩´∀`)∩

 

 

①直傳靈氣はいかがでしたか?(受ける前のイメージや、実際に受けてみての感想など)

  受けている最中は、これまで受けてきたレイキと同じ感覚(同じものだから当然ですが)血液交換法に興味があり、実際に施術してもらうと、体がスッキリと軽くなった気がした。

 

 

②施術時間について

60分は長い ・ もっと長くてもよい ・ ちょうど良かった

60分は短い。
これは個人差があると思うけれど、私の場合は必要としている箇所や量が多いから!

 

 

 ③3回を経て、身体・精神面など、何か変化を感じられた場合は教えてください。

先ず一回目の施術前、腰痛があり座った姿勢から立ち上がる際に痛みがあったが、翌朝立ち上がったときに痛みがないことに驚いた。気付かなかっただけで、きっと施術後から痛みがなかったのだと思う。
一週間くらいすると姿勢の悪さなどで、また腰痛を感じるようになった。
施術後に「顔が変わった」と言われたが、自分でも目の開き方が大きくなった気がした。

 

 ④今後も直傳靈氣を受けてみたいと思われましたか?あるいは、ご自身が直傳靈氣をやってみたいと思われますか?

以前から直傳靈氣を受講してみたい気持ちがあったが、今回施術を受けて、その気持ちが強くなった。

 

 ⑤施術者への感想、ご要望など。

療術所はとても居心地が良く、診療台や敷物(タオル)など、配慮されていて、気持ちよく施術を受けることができました。

これからも応援してます。ありがとうございました♪
(=^ェ^=)

 

 ・・・・・・・

ご感想を、ありがとうございます!

今回のお客様は、ご自身も西洋レイキのヒーラーさんであり、レイキの事はよくご存知でいらっしゃいました。直傳靈氣は、初めてのご体験でしたが、どちらも自然のエネルギー「靈氣」を使ってのヒーリングだったり、治療なので、体感として同じであると感じられた様です。

 

身体がスッキリ軽くなったのが、病腺に長時間手を当てる事が特徴である直傳靈氣の施術によるものか、血液交換法によるものか、はたまたその両方か。施術している側からこれまでのお客様の状態を見ていると、やはり「長時間手をあてている」というのがキモなのだろう、と感じています。血液交換法は、施術の効果を底上げするような最後の仕上げ的な感じかな。  

 

痛みが取れたと、嬉しいご感想をいただける事が多くありまます。しかし前回の施術から長時間が経過すると、また同じ症状が出てくるのは、やはり慢性的な痛みなどは生活習慣や思考の癖似よるものが多いためだと思います。治療を継続していくことも大事だし、生活習慣や思考の癖に気づいて改善していくことも、併せて大切になってきますよね。

 

また、直傳靈氣を受講してみたいと思われていた事を存じ上げなかったのですが👀🌟実際に施術を受けて、その思いが強くなったとのこと。直傳靈氣の特徴や、その体感が誰かの心を揺さぶったのだという事実に、あらためて「凄いな」と思わされました。直傳靈氣(西洋レイキもですが)ができると、日常生活の中で役立つ事がたくさんあります。こうやって良さを感じてくださり、ご感想をいただくと、益々早く師範格になって、必要とされる方に靈授できるようになれたらいいな、と思いました……。

 

ヒーラーさんでもあるお客様に施術をさせていただき、率直なご感想をいただけた事に感謝です!直傳靈氣も出来るようになったら、私の身体も施術してください…(笑)この度は、素敵なご感想をありがとうございました!

 

Slothの森療術所より

 

 

 

 

転んでもただでは起きない

 

 

常々、ネガティブは恩恵だとブログでも書いているのですが

久しぶりに自分にヘビー級のネガティブがやってきまして。

 

数日を要しましたが、ここにきて浮上しました。

 

 

私は、めったな事で人に相談はしません(自分は相談を受けるのに)最近、娘と話していて、娘も私と全く同じだと知りました。人には相談されるけど、自分の事は相談しない。それは何故かと言うと「自分のことは、自分で答えが出せるタイプ」なんですね。

 

そんな私が、今回は人に助けを求めました(そのくらいヘビーだった)自分でもそこからの「学び」が理解でき、気づきが得られたのですが、

 

それでも重さがのしかかり、たまらずに雨の中を庭仕事しました。無意識に浄化作業したかったんですね。でもやっぱり、ここまでベビーなのはプロにお願いしないと無理だ💦と、初めて白石庸子さんに遠隔でヒーリングをお願いしました。結構やばかったそう…😨その後、メッセージをやりとりし、めちゃめちゃありがたかったです(ToT)💦

 

でも、その後も、背中が重かったり、首が重かったりしたので、居てもたってもいられず、アーシングしに公園へ行きました。するとうるさかった思考が停止して、エネルギーを大地が吸ってくれて、頭も無になり、空間に溶ける感じでした。


f:id:thermie-sloth:20210719000155j:image

 

それでつくづく思ったんですが。

「身体」って本当に大事なんだと……。何が関係あるんだ?と思われるかもしれませんが、私のようにエネルギーを扱う事を仕事として選ぶ人は特に、全く関係の無いように思える「肉体」に向きあって、身体を使う事、鍛える事、自然に触れる事、土に触る事、そういう事が、めっちゃめちゃ大事だ!!と。最近、暑いし、忙しくて運動してなかったし。筋肉も無いし、こういうところで踏ん張りが効かないんだな、と思ったのです。

 

 

 

自分の性分とか、行動の癖とか、みんなあると思うのですが、今回はそこに向き合わされたなーと思っています。ヘビー級で恩恵がやってきました(笑)

 

 

目の前に巨石が落ちてきたとして。

 

砕いてもいいし

乗り越えてもいいのですが

 

 

避けて通るとか、無かったことにすると

手を変え品を変え、同じ現象が起きるので

 

真正面から対峙する、のが良いです。

 

そこで逃げないで対処すれば

新しい自分に出会えるし

ちょっと逞しくなった自分になれるし

怖い事が一つ減ります。

 

どんなことも「学び」として、転んでもただでは起きないの精神で

スキルが上がりますし

それが真に自分に優しい行為なんだと思います。

 

 

 

 

今回は、最終的には主人に電話で相談(これまた珍しいのです。相談、普段は全くしません笑)

 

いろいろ話して、「学び」っていうのもその通りだってなって、そして「身体を動かす」「肉体を強くする」「自然に触れる」っていう、今回私がたどり着いた方向性も「その通りだと思うよ」と言ってくれました。主人は地に足の着いた人であり、ゆえに地球や自然と循環している人なので、(むしろヒーラーより本質的にスピリチュアル)そして、仕事人としても話せる人なので、今回は本当に助けられました……。

 

ようやく、浮上。

心からスッキリ。

 

 

仕事で靈氣をする機会が格段に増えたから余計に、大地に根を張るような日常生活が必要なんだな、と心底思いました。

 

転んだけど、起き上がったら一回り逞しい自分。

そのための行動に取り組む覚悟ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

直傳靈氣モニターさんのご感想⑤

 

直傳靈氣モニターさんのご感想、5人目のお客様です。

 

 

①直傳靈氣はいかがでしたか?
(受ける前のイメージや、実際に受けてみての感想など)

今まで施術はリンパマッサージしか受けたことがなく、お友達から直傳靈氣のことを聞いて,ただ興味本位で申し込みました😅実際に受けてみて、「手を当ててるだけ〜😊」って言っておられましたが、とてもリラックスできて 受けた後の目のスッキリした感じと、帰る時の身体の軽さが忘れられません!

 

 

②施術時間について
60分は長い、もっと長くても良い、ちょうど良かった

施術時間は私はあっという間に感じました。次に予約する時は、90分コースをお願いしたいです。

 

 

③3回を経て、身体・精神面など、何か変化を感じられた場合は教えてください

施術を受けている時に、自分の身体の状態も振り返ることができました。3回目を受けた日は、とにかく身体が軽くてびっくりしました。

 

 

④今後も直傳靈氣を受けてみたいと思われましたか?あるいはご自身が直傳靈氣をやってみたいと思われますか?

ぜひ、またお願いします!
3回とも都合により午前中だったので、機会があれば 午後からの時間にも受けてみたいと思いました。いつか私も直傳靈氣やってみたいです!今は学ぶには時間が足りないかなぁ…😅

 

 

⑤施術者への感想、ご要望など

思いがけず 音楽の話しができて、おしゃべりでも施術でもリラックスできました。心も身体も癒されました💕またお願いします!ありがとうございました🌈

 

 

・・・・・・・・・・・

 

ご感想をありがとうございます!!

ご紹介でいらしてくださり、「ジキデンレイキとは……(・∀・)ナニ??」の状態で、飛び込んでくださいました。エネルギーって目には見えませんし、ちょっとドキドキ期待あり、不安もあり…ですよね。

 

直傳靈氣をまた受けたいと思っていただけたこと、また直傳靈氣をやってみたいと思ってくださったこと、嬉しいです!!!家庭健康療法としても、とっても心強いツールです。本当に手をあてるだけで誰でもできます(^^)/

 

手を充てていて感じる病腺の反応ですが、モニターさんのおかげで経験を積ませていただき、お客様が自覚していなかった部位の病腺でも、大きな反応を示す事が多々あり、手の感覚に任せて施術をさせていただきますと、今回ご感想に書いてくださったように「軽くなってびっくりした」というような事が起こります。

 

特に、今回のお客様は3週間以内に3回目までを受けてくださったのも良かったと思いました。(身体がラクになっても月に一度とかだと、またリセットされてしまうと思う…😅)

 

3回目にお帰りになられる時、階段を降りていくお客様が「え?!軽いっ( ゚Д゚)!!」と驚かれ、私も嬉しくて「ヤッター!」と思わずジャンプして(笑)お互いに笑ながら飛び跳ねるという、なんとも嬉しいお見送りをさせていただきました。

 

こうして、身体が軽くなり、またお客様が全力で音楽ができたり、お仕事に向かえたりするお手伝いができたこと……直傳靈氣をやって本当に良かった~とあらためて思いました( *´艸`)~💗

 

また、いつでも直傳靈氣を受けにいらしてくださいね♨素敵なご感想をありがとうございました❣

 

 

Slothの森療術所

 

 

峠の茶屋的なアレ

 

 

基本的に、私は「受け身なタイプ」だと自分では思っています。対話した方の印象によって、「そうだ」と捉える方と「えー?そうかな?」と思われる方がいらっしゃると思うのですが、相手なりに会話をするタイプという表現の方が、合っているかもしれません。

 

お喋りするのが好きな方とでしたら「聞き役」に。無口な方の場合は、少し能動的に言葉を出す、みたいな感じです……。

 

最近は、いろいろな方とお話をさせていただく機会があります。(直傳靈氣のメニューの後半にカウンセリングの時間をとっている為)

 

なかなか、日常の中で、初めてお会いする方とじっくり一対一で会話をする機会って、無いのではないかな?と思います。なので、これはわりと、特殊な状況かもしれません。

 

特に、靈氣のあとは、靈氣エネルギーのおかげで、心も体もとても素直な状態になるので、場合によっては心のヒダに触れるような流れになる事もあります。

 

話のテーマも成り行きも、お客様次第です。

 

タイトルに書いた様に、まさに「峠の茶屋」のような…


f:id:thermie-sloth:20210710181321j:image

 旅人が休憩がてら、団子を食べながら、店員さんにお話を聞かせてくださる、というイメージですね。

 

誰しも、言ってみれば「人生の旅人」ですから、その時に置かれている状況もそれぞれですし、話し好きな旅人さんもいれば、思いを馳せながら黙って風景を眺めている旅人さんもいらっしゃるわけです。

 

ですが、お相手がどうであっても、自分としては常に「中庸」におり、良いとか悪いとかの判断をする事もありませんし(そもそも、良いとか悪いとか無いので)なんらかの方向性を示すものでもありません。「ふむ、ふむ、そう思われたのですね……」と状況を想像はしますが、それは「その方が感じた事」=「その方の認識している事実」……であって、真理とはまた違いますから、ただ「そう感じているんだな」と思うだけの、フラットな状態で聞いています。人それぞれ周波数ってありますし、その時の特融の波動もありますよね。それはその方の個性や状況であって、私とはまた違うわけです。なので同調はしません。

 

この、カウンセリングの時間にどんな会話になるのか、何を感じるのか、何か受け取れるものがあったのか、はたまた単純に話に花が咲いて楽しかったのか、わかりませんが、みなさんに「お話できてよかった」と思っていただけているので、良かったなぁ……と思います。

 

実は、私は高校生くらいの頃から、何故か人からよく相談をもちかけられました。その頃は、なんと言うか……「相手の欲しい答えがわかってしまう」という感覚があって、相手に喜んでもらえて、相手の背中を押すような事を言って、その人が元気になればいい……のような話の聞き方をしていたと思います。なので、本当に自分がそう思って言っているわけでは無かったと思うのですが、相談を受けた人からは、よく「心理カウンセラーみたいだね」と言われていました。

 

大人になってからは、わりと「ここぞ、という時に、背中を押すような状況」で、友人から相談をされることがありました。年齢を重ねるごとに、「相手の欲しい言葉を言ってあげる」というよりは、俯瞰した別の視点からのお話とか、より本質からのお話をするようになっていて、友人からは「パーっと霧が晴れるような…」そんな感覚になってもらえる様でした。ここでも「心理カウンセラーになったら?」と言われることもありましたが……( ̄▽ ̄;)

 

けど、今の私はどんな風か……?というと

 

「森」 ………(笑)


f:id:thermie-sloth:20210710193353j:image

 

森みたいな感じかな、と思っています(友人にも「私にとっての”森”」と評されました(笑)直傳靈氣のセミナーで、山口先生から教えてもらったのですが、縄文時代くらいの太古の人々は、具合が悪くなったら何をしていたかというと……「森林に入っていってじっとしていた」のです。これはどういうことか?というと、森林はプラーナが濃いので、まさに「靈氣エネルギーをいっぱい身体に流して回復を早めていた」という事です。

 

この時、「森」は縄文人に何をしているか?というと、「ただ、その場に居るだけ」で何かしてあげていたわけでは無いのです。そう、樹木が樹木としてただそこに立ち、生きているだけ。存在しているだけ。人間が勝手に、靈氣エネルギーを利用して、自分の身体の治癒や精神の回復に役立てているだけ。

 

 みなさんとお話をしていて感じるのですが、その人の性格や状況、置かれているステージによって、その時受け取れるものっていうのは変わってきますし、

 

人はみんな「こたえは自分で知っている」

 

……と、私は思っているので、ただ靈氣のように、ただ森のように、楽しくおしゃべりしているだけなのです。

 

それでも(だからか?)旅人のみなさんは、森で休憩していたら、なんか回復したー、さ、歩こ!みたいに元気に帰られる……(笑)素晴らしいですよね。それだけ、人間は自分で回復する力を最初から有している、という……。

 

心理カウンセラーになったらー?と言われる事がちょいちょいあり、その度に「( ゚Д゚)ポカン…??」となっていた私でしたが、ここにきて、こういう形で誰かのお話を伺うような展開になっており、「そういう事だったのか……」と、人生ワカランなぁ……と思ったりします。

 

意図のない自然のエネルギー「靈氣」のように……靈氣をしている中で自然とそんな風になっていた自分…。昔のように「相手が喜びそうなことを言う」ような意識は無く、ただ目の前に座って、ただ同じ時間を共有しているだけ、委ねているだけ、目の前の人の本来の力にお任せしているだけ。

 

そんな、峠の茶屋的な、森の樹木のような、「Slothの森療術所」です。